川口市の注文住宅ガイド » 一生快適!家族と一緒に考えるマイホームの建て方 » 違いはなに? 工務店とハウスメーカーについて

違いはなに? 工務店とハウスメーカーについて

注文住宅を建てるのに、工務店とハウスメーカーではどんな違いがあるのでしょうか?

工務店とハウスメーカーの違いは?そのメリットとデメリットに迫る!

注文住宅の設計・施工をしてくれる会社は、工務店とハウスメーカーの2種類に分かれます。実際に家を建てる工事を主に請け負うのが工務店、施工は他者に依頼して企画や営業・販売を行うのがハウスメーカーです。

注文住宅を建てるなら、このどちらかに依頼することになります。では、この両者はどう違うのでしょうか?メリットとデメリットを比較してみたいと思います。

工務店

メリット

工務店は、アフターケアの面で安心できるのが最大のメリット。地域に密着した会社が多いので、何かトラブルがあればすぐに駆けつけてくれます。家は一生の買い物ですから、永く付き合える会社にお願いしたいもの。その点では、気軽に相談できて、小回りの利く工務店に安心感があります。

また、工務店は規模が小さいので、広告宣伝費や会社の運営費のコストが相対的に低め。同じ見積り金額でも、コスパは工務店の方がいいことが多いようです。それでいて、工務店の方が設計の自由度が高いので、自分好みの家を作ったり、費用を抑えるための変更もしやすいと思います。

デメリット

ハウスメーカーに比べ、工期が長いのが工務店の弱点。早くても4〜5ヶ月、長くなると9〜10ヶ月ほどかかってしまうことも。規格が決まった大量生産品ではなく、職人が手仕事で作る部分が多いので、どうしても工期は長くなります。

デザイン性の高さでも、工務店はやや分が悪いところがあります。使いやすさや住みやすさ、耐久性を重視する工務店の家づくりに比べると、流行りや個性を取り入れたデザインはハウスメーカーの方が有利かもしれません。

とはいえ、最近ではデザインに力を入れる工務店も増えてきました設計が柔軟という点でも、工務店が有利なところがあります。

ハウスメーカー

メリット

ある程度規格化された部材や設計を使うので、コストや時間を減らすことができます。ハウスメーカーの用意したプラン内で家づくりをするなら、コスパはいいでしょう。同じ予算なら、最新の工法や設備を導入できるケースがあります。ただし、オプションや特殊なオーダーの費用は高くなります。

また同様に、設計や工事がマニュアル化されているので、工期が短く、早く家を建てられるというメリットがあります。

デメリット

自由設計ではなく、あらかじめ決まった規格から選んで家を建てるので、自由度は低くなってしまいます。少し変更やオプションを加えたりすると、高額な費用がかかってしまうという難点があります。

また、全体的に建築費用の予算は高めになってしまいます。大量仕入れなどで部材が安くなっていることもありますが、広告費や人件費が工務店に比べて膨大なので、どうしても高額の費用になってしまいます。

両者にメリットあり、こだわりの家なら工務店の方が有利!

このように、ハウスメーカーと工務店のいずれにもメリット・デメリットがあることがわかります。注文住宅に何を求めるかによって、どちらを選ぶかが変わってくるようです。

「せっかく注文住宅を作るのだから、自分のこだわりの家を作りたい」という方には、工務店が断然オススメ。使い勝手や住みやすさ、あるいはデザインにこだわった自分だけの家を作れるのは工務店の優れたところです。

また、長く住めば何かしら住まいのトラブルは生まれるもの。そんな時にすぐに駆けつけてくれるという点でも、地域の工務店がオススメです。

一生快適!家族と一緒に作るマイホームの建て方 目次

徹底レポ!
住宅展示場めぐりin川口市
川口市でオススメの注文住宅業者をチェック!
  • 父:國彦

    パパ:國彦

    家づくり全般やスタッフさんの対応と、娘と一緒に設備をチェックします。
  • 外観・内観のデザイン、キッチンや水回りの家事関連の設備や導線が気になります。
    母:倫子

    ママ:倫子

  • 娘:奏子

    娘:奏子

    空気がきれいなお家が良いなあ。パパと一緒に換気システムをチェックするよ!
  • 万が一のことを考えて、足腰が悪くなった時でも安心な家にできるかが気になるね。
    祖父:由彦

    祖父:由彦

  • 祖母:美津子

    祖母:美津子

    趣味で知り合ったお友だちを呼んで、一緒にお茶ができるような部屋が見たいですね。